画像
画像
Getting Better 20周年記念!主催片平実と所縁のあるアーティストとの、杯を交わしつつの宴話、今回が最終回! 片平実のオリジナル・プロジェクトであるGarasが、MIX CD「ROCK THE BEST」発売記念として開催される【Getting Better~20th Anniversary Party"ROCK THE BEST TOUR FINAL”[Getting Festival]~】11.27新木場STUDIO COASTにて、ライブ形式にて披露される。豪華参加メンバーとのそれぞれの縁を紐解きながら、Garasの正体に迫る宴話!
Text : Minoru Katahira
Photo : Tomotaka Tobe (集合写真)
画像画像
画像 片平実 Getting Betterが20周年を迎えて、そのファイナル・パーティーを11/27に新木場で行うことになりました。そこで僕のオリジナル・プロジェクトであるGarasのライブを、今までの3曲、制作に携わってくれたメンバーも参加してもらって、バンド形式で行うことになりました。この3人は同時に20年という歴史の中でも関わりの深い3人でもあるんだよね。お世話になりっぱなし、本当にありがとう! らいつぁ(乾杯)!

全員 らいつぁ(笑)!

片平実 まずそれぞれとの縁から始めたいんだけど、ではホリエ君からお願いします。

ホリエ 片平君とは、、2004年とかじゃないかな?最初に話したのはAXかどっかのライブハウスで。第一印象は胡散臭いなあと(笑) でも名前に覚えがあって、そういえば大学の時に恵比寿「みるく」(現在閉店したクラブ)のUK NIGHTに遊び行った時に折り込みで見て、その頃からDJしてたんだよね?

片平実 DJ始めたのは1995年からだから、まあ最初の頃2000年前後あたりに「みるく」でやってたよ、平日の毎週帯でTHE CLUB Kってのに参加してて。来日バンドも沢山遊び来てて、KULA SHAKERとかFEEDERとかSILVER SUN、PULPのジャービスとか。 でもさ、実はその頃ホリエ君とニアミスしてたんだよね。下北沢屋根裏で。僕がGarasの前身であるJANEっていうバンドしてた時、ストレイテナーと対バンしてたことを後で知るっていう(笑)

ホリエ  そうそう、でもその時はお互い知らなかったし、対バン興味なかったし、話もしなかったっていう(笑) 最初に片平君からDJ誘ってもらったのは、、吉祥寺にbar DROPってハコがあって、そこでやってたHAPPY TUESDAY(現在HAPPY MONDAYとして下北沢THREEにて開催中)かな。好き放題やっていいからって(笑)ポストロックばっかりかけたり。

片平実 そこから今に至るまで色々やらせてもらったよね。吉祥寺マリノとか吉祥寺ルーカスとか「じょーじ」シリーズだったり(笑)当時僕は吉祥寺に住んでたから、宅飲みとか、もう毎日のようにホリエ君と飲んでたよね。でも吉祥寺では今もSEATAってとこで新年と誕生日の年二回やらせてもらってて、節目節目で。ホリエ君はSEATAにほぼレギュラー出演という。

ホリエ 吉祥寺が生活の拠点だったから、吉祥寺の方に出がちっていう。まあパーティー中は飲みながらやってることが多いから、、酩酊の歴史だよね(笑)

片平実 DJってアルコールとセットな文化だと思ってやってるとこあるんだけど、、まあ20年のうち3年は記憶なくなってる気がするよ(笑) では次、石毛との縁から

石毛輝 最初は2007年だと思うんだけど、Getting Betterの前にFree Throwに遊び行ってて、神さんから紹介してもらった感じだったと思います。片平さんは偉そうな人、、いやいや、オーラある人だなあと(笑)ちょっと緊張してたの覚えてます。

片平実 石毛はその頃、髪も長かったし、格好も変わってたよね。グルみたいな感じ(笑)でも明確な意思を持ってやってるように感じたよ。

石毛輝  そうですね、テレフォンズはシーンに風穴を開けようとしてたバンドですね。

片平実 テレフォンズって、まだその頃知名度もあまりなかった時なんだけど、DJでプレイしてもお客さんの反応が違ったのを覚えてるよ。なんかこれは凄いぞと。そっから石毛やノブとかと色々飲みに行ったりして、Getting Better12周年の2008年2月、Northern19との対バンで出てもらって。

石毛輝 それがきっかけでUK PROJECT(石毛輝の現所属事務所/レーベル)に入るという。だからGetting BetterがなかったらUKには入ってなかったし。そこからDJも色々出させてもらって、、ホリエさんとは逆で、僕は下北沢の方によく出てますよね。どっちかというとこっちが近いので(笑) あと「Hyper Jump」って曲でGetting Betterってフレーズ使わせてもらってます。「It's Alright To Dance(Yes!!! Happy Monday!!!)」って曲もそうだし、まあ捧げたってわけではないですが、、それもちょっとはあるかなと(笑) 今まで楽しい思い出もいっぱいあるし、酩酊の歴史は刻まれてますね。

片平実 切っても切れないお酒の縁(笑) タロウとは、今年の始まりにアベンズで出てもらってるし、対談もさせてもらってるよね。某フェス会場で。 (詳しくは宴話第二回参照)

タロウサイファイ いやあ、僕も片平さんにはお世話になってるんですけど、出会いって言われると曖昧で、僕も酩酊の歴史なんですけど、ここ数年の記憶が全くないんですよ(笑) 俺らの最初の頃って、下北沢のERAってライブハウスでウッチャリとかシェフとかいてよくつるんでたんですけど、まあ俺らの世代って、尖ってなんぼみたいなとこあるんですけど、良くも悪くも内向きっていうか。クールを良しとしてカッコつけてたんですけど、そういうなんとなく俺らが育てた雰囲気みたいなのを、外向きに発信したのがテレフォンズっていうか。

石毛輝 ああ、そうかもしれない。僕らは埼玉で絶対売れないって言われてたバンドだけど、じゃあ絶対売れてやろうって思ってましたね。

ホリエ テレフォンズは、先輩たちがどんどんアングラに向けて開拓して行ってるとこを、もっと広めた方がいいんじゃないの、っていう努力をしてる世代だよね。 アベンズって、常に先端を発信してるイメージというか。カッコいいなと。 俺らはそれをどうポップに落とし込むかみたいなのをがんばるとこあるんだけど。

タロウサイファイ そんな意識的でもないですけど、、まあ閉じた中でも切磋琢磨してた感じですよね。

画像画像
画像 片平実 やっぱり当時を遡ると、ライブハウスっていうシーンでそういうバンドが育ってて、クラブイベントでもロックがあって、そういう文化が育ってた面白い時だよね。 そこからフェスってものが始まって、どんどん楽しみ方も多様化して。深夜のクラブも、規制があってからイメージ悪くなったのか、全体数は減ったような印象かな。若い子もオールだと苦手って人も多くて、年配だとオールは辛いっていう。

ホリエ 若い世代は、俺らみたいにその楽しさを知らないかもね。でも時間を無駄にしてる感は多少あるんだけど、得るものも多いというか。イマイチと思ってた音楽が、現場のDJで聴くと、すごいカッコいいと思ったりすることも、多々あるしね。

石毛輝 音楽とお酒が合わさると、入ってくる感じも違いますからね。この楽しさを知らないのは逆に勿体ないと思います。

片平実 Getting Betterってちょっとした体験というか。ただ聴いてるだけじゃない、ただ楽しいだけじゃない、何かを感じて欲しいってのはあるよね。 まあシーンは移り変わってきてるけど、ここに集まってる皆は現役で闘ってる人達というか。 僕も自分の中では、Getting Betterって舞台で勝負してきたというか。この20年で始まっては終わってくものを見てきて、でもそれって、バンドでも一緒で、続けてく上で成立させないといけない部分とどうバランスをとってくか、そこと折り合いをつけてきてるような、なんか共通項というか、闘志のような青白いものを感じるんだよね。 まあ、最終的には結局楽しいかどうか、またやりたいかどうか、っていうすごいシンプルな部分。すごい野生的かもしれないけど、結局そこしか残らない気がするよ。 その楽しい部分の結晶が、Garasっていうプロジェクトに繋がってくるんだけど。

全員 本題来ましたね!(笑)
画像画像
画像 片平実 最初の曲「Garas」で石毛とホリエ君に参加してもらってるんだけど、その時ってどんな印象だったかな?

石毛輝 僕の前の家で制作した時があって、すごい狭いとこに呼んでしまって申し訳なかった印象があります(笑) でも、最初に話もらって光栄で嬉しかったし、原曲も良かったし、さらにホリエさんと一緒にできるなら、これは絶対面白いものができるぞ、と思って着手しました。

ホリエ Voが元OCEANLANEのHajimeで、元々ファンだったし、でも片平君の曲だからこそこのメンバーが集まったと思ってるし、良い曲だしね。まあ個人的には石毛ががんばってくれたと思ってるよ。

片平実 実はGarasのデビューって、この曲を創った年のさいたまスーパーアリーナなんだよね。東京事変とストレイテナーの間っていう。あの大観衆の前で、曲を披露できて、売れた!と思ったら、あれ?っていう(笑) 次曲「Days」ではタロウに参加してもらって。一聴してタロウとわかるその個性って本当凄いよね。

タロウサイファイ まあこれはGarasの曲に関わらず自分の関わった曲全体に言えることなんだけど、やり直したい!って思いますよね。若かったというか。日々更新してるんで、昔の自分の写真見て「わぁ!」って思う感覚というか。だから今回刷新できるのかなと思ってます。

片平実 このGarasのライブを、11/27の新木場でやることになり、Vo探してたんだけど、asobiusの甲斐に歌ってもらうことになりました。彼は本当に歌上手いし、Hajimeに匹敵するなら彼かなと思って。まあ最新曲「Freedom」は誰が歌うんだか、、? とにかく、このスペシャルなバンド編成はもう最初で最後かもね。それくらい特別。

タロウサイファイ 生ドラムほしいよね。

ホリエ LITEの山ちゃんは?

宮下(アベンズのマネージャー) 確認しましたけど、OKです!

全員 早い!(笑)

ホリエ 片平君は何か楽器やってほしいかも。アコギでもいいし。音外れてもいいし、”俺の曲”感をブイブイ出してほしいよね(笑)

片平実 了解、必死で練習してくる!飲みながら!(笑)


この対談中に、ドラムメンバーまで決まるというスーパーバンド編成で披露されるGaras、11/27の20周年祭ファイナル新木場スタジオコーストは必見! 前売は明日10/22より各プレイガイドにて一般発売開始!お早めに!
《Garas情報》
http://garas.getting1996.com/
「Freedom」
Music/Words/Vocal:Minoru Katahira
Guitar/Cho:Hitoshi Arai
Track:Erich Logan
ROCK MIX CD「ROCK THE BEST」に
ボーナストラックとして収録

「Days」
Music/Cho:片平実
Vocal/Words:武居創(ex.OCEANLANE)
Programing/Synth/Cho:コハタタロウ(avengers in sci-fi)
ROCK MIX CD「ROCK ON PARADE」に
ボーナストラックとして収録

「Garas」
Music/Words:片平実
Vocal:武居創(ex.OCEANLANE)
Track:石毛輝(the telephones),ホリエアツシ
(STRAIGHTENER:ent:FULLARMOR)

▽配信情報
着うた®、着うたフル®、PC全世界51カ国配信中!
ROCK MIX CD「ROCK ON ROCK」に
ボーナストラックとして収録
You Tubeにてフルバージョン公開中
https://youtu.be/Hjqr5HhUMPQ

《公演情報》
【Getting Better~20th Anniversary Party"ROCK THE BEST TOUR FINAL”[Getting Festival]~】
2016.11.27(日)
open&start 13:00
Getting DJ:
片平実(Getting Better)/鹿野淳(MUSICA/VIVA LA ROCK)/神啓文(Free Throw)/西村道男(Parade)/斎藤雄(JUKEBOX)
Guest DJ:
DJピエール中野(凛として時雨)/やついいちろう(エレキコミック)
Live Act:
avengers in sci-fi/雨のパレード/パノラマパナマタウン/フレンズ/Yogee New Waves/lovefilm
20th Special Act:11.1(火)発表
Rightzz Act:
Garas[f.石毛輝(lovefilm:the telephones)/Erich Logan/甲斐一斗(asobius)/片平実(Getting Better)/タロウサイファイ(avengers in sci-fi)/ホリエアツシ(STRAIGHTENER:ent:FULLARMOR)/山本晃紀(LITE)]
Special Session:
・ホリエアツシ(STRAIGHTENER:ent:FULLARMOR)×村松徳一
・佐々木亮介(a flood of circle)×氏原ワタル(DOES)×小林要司(Large House Satisfaction)
・木下理樹(ART-SCHOOL:killing Boy)×小林祐介(THE NOVEMBERS)
全国DJs:
東京:高橋喜治(ex.Getting Better)/タイラダイスケ(Free Throw) / TAKA(THREE ARROWS)
大阪:NON
名古屋:DCO(FIX!!)
水戸:MIKE(HEADCASE)/タベイ(DOTS)/Nob.
札幌:KO-KI(IMPACT)/katz(ROCK’IN’JECTION)
仙台:DJ KIKUCHI & hnm.T.B.B. from Play Stage
青森:オノシンサク(spree)
徳島:ムラカミダイスケ
高知:OK電算機
鳥取:村瀬謙介
秋田:鈴木央
長野:AR/BLACK ROCK
新潟:NEW GENERATION
浜松:しっちゃ(ME,WE.)
盛岡:立花実(HACIENDA)
広島:flanky/WATALL/イケダリョータ
福岡:オガタシンイチロウ/(W)ata
沖縄:踊ロック(亮哉/もんつう)
autograph session:うちだゆうほ
@新木場STUDIO COAST
東京都江東区新木場2-2-10/03-5534-2525
《前売》¥3,000(1drink別) 10.22(土)~各プレイガイドにて発売
ぴあ■Pコード:314-072
ローソン■Lコード:73241
e+
Info…Getting Better Web
http://getting1996.com

Tweet




画像画像


画像画像


画像画像


トップへ戻る