画像
画像
Getting Better20周年企画【Getting Better~20th Anniversary Party Tour〜】東名阪に出演するa flood of circle /Large House Satisfactionより各フロントマンを迎えて、Getting Better主催片平実と、老舗ロック・バーにて杯を交わしつつの宴話!
Text : Minoru Katahira
Photo : Wataru Tonosaki
画像画像
画像 片平実 20周年の節目、まずロックンロール・パーティーをしたいと思いました。集まってくれた最高のメンツに、乾杯!

全員 乾杯!

片平実 まずフラッドとの縁って、「泥水のメロディー」を「ROCK THE MIX」に収録させてもらって、そこからって考えるともうほぼ最初から。当時の最初のメンバーも知ってるし。「Human Lisence」のリミックスとか「AFOC THE MIX」とか、実際に盤でも関わらせてもらったり、このお互いの節目で一緒にやれるのは本当奇跡だよね。 繋がりでいったらもう血肉というか、親族みたいな。新曲「花」も俺にとっても今年のテーマというか、すごい響いた。

佐々木亮介 ありがとうございます。フラッドは今年結成10周年なんですけど、片平さんはほぼ俺たちの歴史の全てを見てる、数少ない証言者ですね。一緒に作った作品は、ああいう形で残ってるのは他探しても俺らくらいしかいないだろうし、面白いことやれたと思うし、今でも自慢ですよ。

画像 片平実 嬉しいね!ラージとは最初は、、どこかの居酒屋で兄ちゃん(賢司)との絡みが始めかな?最初に人ありきだったんだけど、ライブみたらカッコよくてブッとんで。ROCKERSとか出てもらったり。本当に独特でしかないこの声、大好きだったサイサリとかベニとか彷彿させる、神経掻き乱すような、唯一無二だよね。

小林要司 Getting Betterって、関わるまでは憧れみたいなとこはあったんですよ。ずっと出てみたいなってとこはあって。実際片平さんに最初に会った時は、、思ったよりどうしようもないなと(笑)。でも、お前らすごいカッコいいって言われて、嘘がない、すごい真っすぐな人なんだなあって。

片平実 常に直球なんだよね(笑)フラッドとラージの縁ってどんな感じだったの?

佐々木亮介 だいぶ前にラージのイベントに呼んでもらった時、フラッドの動員がゼロだったのすごい覚えてる。借りがあるよね。(笑)

小林要司 最初フラッドみた時、カッコよすぎて呼ぶのやめようかと思ったよ(笑)それこそAFOC THE MIXとか聴いて、いいなあとか思ってる時もあったし。誘ってくれた、年末のパーティーも面白かったよね?

佐々木亮介 ロックンロール・ニュー・スクールですよね。あれはそれこそ音楽の爆発力を生み出す場になればいいなと思ってて。毎年やれたらいいですよね。 でもそれこそ、この東名阪でラージとゲッティングって関係性を改めて育てていきたいみたいな気持ちありますよ。

画像画像
画像 片平実 この数年の音楽シーンで、圧倒的に足りないのはロックだと思ってて、2016年はロック復活の年だと思ってるんだけど、どうだろう?

佐々木亮介 俺たちが知ってる10〜20年前のロックって今はあまり求められてないというか。だから俺らが、ロックがどうこうってよりは皆がビックリするようなカッコいいものを提示していけばいいというか。俺らがロックンロールに所属するってよりは、そこを越えていかないといけない。じゃないと、身内の飲み会したくないじゃないですか。

片平実 新しいものを提示していくってことね?ロックって元々枠に捕われない、自由になるためにやってたはずなのに、納まらないと、媚びないとやっていけないような状況になってるようなとこあるよねって話をこの前アベンズのタロウとしてたよ。

佐々木亮介 こうやって踊るんですよとか、ここが感動するポイントとか、わかりやすく説明しないと入ってきにくい時代なのかもしれないけど、まあそれはそれで面白いものが生まれるかなとは思うけど、俺たちが好きだったロックってあまり説明しないっていうか。 片平さんって曲の繋ぎの理由とかあまり説明しないでしょ?そこカッコいいとこだよね。

小林要司 説明しないとわからないような状況はわかる。今までと同じやり方じゃいけないような。どうしてそうなったんだろうね。

画像
片平実 常にシーンは変わり続けてるとは思うんだけど、、変わらないものもあると思ってて。音楽って聴けばわかるし、余計なものはむしろ邪魔というか。ロックってもっと得体の知れないパワーがあったと思うし、今年はほんとそれを取り戻す闘い、、この東名阪はロックをかけた最後の聖戦ですよ(笑)

佐々木 小林 おおー気合い入ってる!(笑)

画像

画像画像
画像 片平実 元々この20周年の初陣東名阪の企画、フラッドありきで考えた所があって。お互いの節目ってのもあるけど、今までの関わりの歴史を考えても、まず一緒にやらないと、何も始まらない気がして。その気持ちも込めて、この東名阪全て60分三本勝負やってほしいんだよね。
そして、リクエストをさせてもらいたいんだけど、今年は申年ってことで「The Beautiful Monkeys」初めて出会った曲「泥水のメロディー」そしてこれからに繋ぐ曲「花」、これを東名阪のどこかで是非!

佐々木亮介 やりますよ!俺が思うGetting Betterのカッコいい所って、”自由さ”なんですよ。選曲の意味をわかって楽しむ奴もいれば、ただ意味がなく踊りたい奴もいる。自分でいくらでも楽しみ方がある。少なくともラージと無骨なバンド同士、間違いなく確信をもってロックンロールなライブするけど、 Getting Betterしかない空気、価値観、それを感じにきてほしいかな。俺にとってのホームなんで、全く気負いはないです。

片平実 ありがとう!ラージは、このロックンロール・パーティーの鍵を握る急先鋒として、メガトン・パンチをぶちこんでほしいなと。ロックを似せたバンドはいっぱいいるけど、ちゃんとやれるバンドは少ないと感じてて。それができるバンドだと思ってるから、とことんかましてほしい。
ラージにリクエストしたい曲は、今年は申年ってことで「MONKEY」出会った曲「Phantom」そして尖りまくってほしいということで「尖端」の三曲を!

画像 小林要司 賜りました。この東名阪って、俺のロックやってる人生の中でも分岐点な気もしてて。ロックを聴いて無敵感ってあったじゃないですか?それって、俺たちが感じたように今も感じてる人っているのかって疑問で。だからこそ、今俺らがそれをやんなきゃいけないような気もしてて。 せっかくのロックンロール・パーティーって、こういう機会をもらったんで、より一層曝け出したようなライブしますよ。期待しててください。
※要司は第二部”宴”も弾き語り出演



その後、話はデヴィッド・ボウイ、これからについて、酔いどれながら話は尽きませんでしたが、最後スピーカーからTHE STOOGES/ RAW POWERが奇跡のタイミングで爆音で鳴り、一同カッコよさに改めて興奮しながら、店を後にしました。(この曲、東名阪でDJします。)

この東名阪、名古屋大阪では天然記念物「HAPPY」、大阪では超話題の「ヤバイTシャツ屋さん」、東京では天国地獄を司るMO’SOME TONEBENDERも参加、来なければ始まらない最高のロックンロール・パーティー、迷わず是非!



画像
画像
画像
画像
画像
画像






画像画像


画像画像


画像画像


トップへ戻る